カードローン アルバイト

アルバイトやフリーターの方でも大丈夫。

アルバイトの方は正社員の方に比べると収入が少なく、カードローンの審査に不安な方もいるかと思います。
でも最近ではアルバイトやフリーターの方でも借りられるカードローンが増えてきているんですね。

 

審査基準は各キャッシング会社によって若干違ってくるのですが、アルバイトの方でも毎月一定の安定した収入があれば返済能力があるとみなされます。

 

当サイトではアルバイトの方でも安心して借り入れできるローン会社を紹介しますね。

 

アルバイトの方でも安心して借りれるローン会社一覧

アイフル

アイフルを、おすすめする理由は3つ「低金利」「大手消費者金融の安心感」「融資スピードの速さ」です。
審査が不安な方でも融資可能か1秒で診断できますので、とりあえず診断を受けてみるといいですよ。
来店することなくネットで契約できますし、最短で即日融資も可能ですので使い勝手も非常に良い借入先です。

 

みずほ銀行


みずほ銀行は、「金利の低さ」「メガバンクの安心感」「限度額200万円までなら収入証明書不要」が売りのカードローンです。
金利年も4.0%〜14.0%と設定されており、他のローン会社と比べても低金利なんですね。
一般的に銀行は審査が遅いのですが、みずほ銀行は非常にスピーディーに審査結果がわかりますので良いですよ。

 

≫みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

 

プロミス


プロミスは審査の速さで定評なんですね。最短30分審査というスピードは業界でも屈指のスピードです。
また、プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録することで、30日間無利息で借り入れすることもできるんですね。
30日以内に返済する予定の方は利息が0円で済みますので、大変お得です。

 

プロミスの詳細はこちらから>>

 

カードローンの審査について

初めてカードローンの契約をするときって不安や疑問がありますよね。
私も最初にキャッシングしたときは学生でアルバイトしかしていなかったので審査が通るまで借り入れできるのか不安でした。

 

友人で1社2社と審査に通らなかった人もいたんで、私も通らないんじゃないかと思ったんですね。
そこで、カードローンの審査に通らない人に特徴を書いていきますので、もし審査に通らなかった人は参考にしてくださいね。

 

まずは「無職」の人です。

 

無職ですから、借金を返済する能力がありませんよね。
私の友達は学生でアルバイトもしていなかったので、返済能力がなしと判断されたようです。
親からの仕送りはあるようでしたが、ローン会社も仕送りは審査基準に入っていませんからね。

 

無職の人はまずはせめてもアルバイトでも初めて毎月一定の収入を得れるようにした方がいいです。

 

次が、「多重債務者」の方です。

 

借金を多く抱えている方も返済能力がないとみなされる傾向が高いです。
借金を借金で返す自転車操業にならないように、きちんと計画性をもってキャッシングは利用しましょう。

 

次が、「属性が悪い」方です。

 

属性が悪いとはどういう意味かといいますと、公共料金の滞納が続いている人や家賃や携帯電話の支払いをずっと怠っている人が主にあげられるようです。

 

上記の「無職」「多重債務者」「属性が悪い」方は、まずカードローンの審査に通らないと考えてもらっていいです。

 

アルバイトの人がカードローンを申し込む場合

最近はさまざまな銀行でカードローンやフリーローンを申し込むことができますよね。
ただ、アルバイトの方には審査が厳しい傾向がある場合もあります。

 

というのも年収の制限を設けている銀行もあるんですね。
ただ、一方では貸金業者に適応される法律(総量規制)とは無関係ですので、年収に関係なく融資を行ってくれる銀行もあります。

 

審査基準は銀行によってさまざまですので、まずは審査を受けてみるのも大事ですね。

 

消費者金融では、カードローンを申し込む際に「安定した収入がある人」とほぼどのローン会社も条件が記載されています。
つまり、アルバイトやフリーターでも借り入れできるということなんですね。

 

ただ、総量規制という法律により、借入金は年収の3分の1を超えることができませんので、年収の低い方は借入金額も少額しか借りることができません。
ただ消費者金融は銀行より審査は厳しくありませんので、そういったメリットはあります。

 

カードローンの審査については通るかどうか不安もあるかと思いますが、最近では本審査の前に1秒診断や3秒診断など、具体的な氏名や個人情報を入力する前に借り入れ可能か診断してくれるサービスがありますのでとりあえず診断を受けてみると良いでしょうね。